耳で視覚を楽しむ~ビジュアルにおけるサウンドデザインの重要性~

視覚は近くにおいて最も脳に影響力があるもので、視覚のみに重点を置いた芸術作品は多くあります。しかし、ビジュアルアートに音が加わるだけで、その魅力は格段に引き上げられ、より人間の脳にインパクトを与えるようになります。 具体的には、ビジュアルアートにおいてサウンドデザインは以下のような働きをしています。 視覚に現実味を加える 映画やゲームなどにおいて、サウンドデザインは映像に現実味を加え、より私たちをビジュアルアートに世界に引き込むことができます。 森のシーンであれば葉が揺れる音や風が通り抜ける音、ゲームであれば主人公が転落した時の音や攻撃をした時の音など、シーンにあった音声を加えることで、よりその映像がリアルなものとして私たちの知覚に伝えられます。 そのため、より私たちは場面をイメージしやすくなり、よりアートの世界にのめりこむことができるのです。一瞬の小さな音であっても映像に臨場感を与えることができるため、映画やゲームにおいてサウンドは非常に重要な役割を果たしています。同時に、場面に適さないサウンドは、映像を台無しにしてしまうこともあります。 ムードを加える サウンドデザインは、ビジュアルアートにムードを加えることができます。 例えば、映画を見ているときに曲が挿入されていることがほとんどです。ロマンチックな恋愛映画であればスローテンポの曲、ホラー映画であれば最初はゆっくりで徐々にテンポが速くなる曲などをBGMを採用します。 このようにすることで、見ている人はより感傷的になったり、ハラハラしたりなど、映画のそれぞれのシーンに合わせてムードを作ることができるのです。また、サウンドデザインによってムードを作ることで、より映画の中の人物に感情移入ができるようになります。 美術館においても、よりその作品が描かれた時代背景などを再現するために、BGMが用いられているところもあります。 ストーリーを理解させる 映画において、サウンドは映画のストーリーを解釈するのに役立ちます。効果音によって視聴者は何が起こったのかを理解することができます。時には効果音で視聴者の想像力を膨らませ、ストーリーを自由に解釈することすら可能にしています。音がないと、ストーリーがどこか味気ないものになってしまったり、展開がスムーズにいかないことがあります。 実際に映画が製作されると時は特定の効果音を用いることによって、ストーリー性を持たせるように細かく計算されているのです。 記憶に残る 私たちの記憶は様々な知覚によって定着させられます。例えば、具体的な視覚のイメージが浮かばないものの、あるサウンドを聞いたときに懐かしい気持ちになったり、特定のシーンが頭にさえぎることがあります。これは私たちが音によって、特定のシーンを記憶しているためです。私たちが音楽を聴いた際、脳内では聴覚が刺激されるだけではなく、記憶を司る部位である「海馬」にも多くの刺激が与えられるためです。このようにサウンドは、人間の記憶を大きく助けているのです。 そのため、絵画や映画、ゲームなどいかなるビジュアルアートにおいても、それらにサウンドを加えることによって、より私たちの記憶に焼き付けることができます。 そのため、テレビのコマーシャルにおいても単に映像を流すだけではなく、BGMや効果音を用いることによって私たちの記憶に定着させ、プロモーションを行っているのです。 さらに、サウンドは感情すら記憶させることができます。そのため、映画や美術品を見た際に感じた感情をいつまでも残すことを可能にさせ、作品に触れたときに印象を強く維持することができるのです。

Read More →

作曲 vs サウンドデザイン その違いについて

サウンドデザインという言葉をご存知ですか?おおまかに、「作曲以外のサウンド素材の制作」を意味しますが、それだけでは少し定義が広すぎますよね。例えば、信号機の音や改札機の音、携帯の着信音、映画の音響まで、私たちの暮らしを快適にしたり映像作品にインパクトを与えるためにデザインされている音が、サウンドデザインです。ここでは、作曲とサウンドデザインの違いについてご紹介します。 人気になれば認知度も上がる作曲家 作曲は英語でComposeと言い、作曲家をComposer(コンポーザー)と呼びます。有名な作曲家として、ベートーヴェンやモーツァルト、近代では日本を代表する作曲家として坂本龍一が世界的にも人気ですよね。多くの作曲家は、音楽を専門に学び、古典からコンテンポラリーまで幅広く対応できる基本的な音楽の知識が必要です。作曲に使う機材は、ピアノやシンセサイザー、現代ではコンピューターなど多岐に渡りますが、絶対的な音感がないと美しい作品は作れません。作曲家が作品を披露する場所は大衆向けのコンサートや映画などの映像作品内、歌詞をつけてポップスとして提供するなら電子メディアでオンライン配信するなど、オーディエンスに楽しんでもらう方法もたくさんあります。作曲家の特徴として、必ずエンドクレジットに名前が掲載されるという利点があります。芸術作品として認められている証拠ですね。 クライアントの要望に応えるサウンドデザイン 一方、制作されたサウンドとデザイナーの名前がほとんど一致しないのがサウンドデザインです。サウンドデザインという職業を知らない人も多いのではないでしょうか。サウンドデザインは、映像(ドラマ・映画・CMなど)で使われる音全般や、作曲家とのコラボレーション(プロデュース)、生活で耳にする効果音すべてを総括する職業です。需要が広範囲に及ぶため、サウンドデザイナーが活躍できる分野は様々です。作曲家のように芸術作品としての音楽を扱ったり、テレビやラジオなどマスコミュニケーションで番組を支える縁の下の力持ちとして音響を担当したり、インフラ整備で人々に注意喚起をするサウンドを作ったり、業界をまたいで仕事をすることができます。デザイナー及びクリエイターとして、最新トレンドやニュース、世の中の動きに対応できるような臨機応変さが求められます。技術力とは別に、クライアントの要望に応えるコミュニケーション能力も必要です。デザインしたサウンドがどのようにオーディエンスに受け取られるのか、そこに重点を置くのが作曲家との違いとも言えます。

Read More →

サウンドデザインを学ぶために参考にしたいビデオゲーム6選

サウンドデザインを学ぶためには、実際に音がどのように使用されているのかを体験することが大切です。ビデオゲームには多数のサウンドデザインが使用されており、勉強するには最適です。サウンドによる世界観の表現の仕方、感情移入のさせ方など、それぞれのビデオゲームによって学ぶことができます。 そこで本記事では、サウンドデザインを学ぶのにぴったりのビデオゲームを6つ紹介します。 バトルフィールド バトルフィールドとは架空の戦争をテーマにしたゲームシリーズです。バトルフィールドのサウンドは、Wabi Sabi Soundの創設者であるアンディー・ラッキーも大絶賛するほどクオリティの高いものとなっています。 バトルフィールドは、クロスフェードやラウドネスコントロールを使用しており、遠くの音が近くの音で消されたりなど、音で距離感がうまく表現されています。また、耳鳴りのようなサウンドがしたりなど、臨場感も感じることができます。 シムピープル シムピープルとはコンピューターゲームシリーズの1つで、プレイヤーが市長となり、街を発展させていくゲームです。このゲームの中ではシムリッシュという独自の言語が使用されています。 このゲームのユニークなところは、プレーヤーが言っているかもしれないことを想定し、音を使用して感情や個性を表現しているという点です。そのため、まったくシムリッシュを理解できなくても、サウンドの効果によって感情を読み取ることができます。 サウンドによってキャラクターに個性を持たせているという点で、サウンドデザインを学ぶには最適です。 バイオショック バイオショックとは、狂気の海底都市「ラプチャー」を舞台とした、サイコホラーを描いたアクションアドベンチャー。 ゲームの中では水が流れる音や、機械が崩れ落ちる音などが忠実に再現されており、プレーヤーをゲームの世界へと引き込みます。そして、ホラーの世界にぴったりなように大音量のボイスや効果音が使用されています。 That Dragon, Cancer That Dragon, Cancerとは、小児がんで息子を失った父が開発したアドベンチャーゲームです。ゲームはどこか悲しい雰囲気の病院を舞台としており、短い生涯を過ごした子供の感情を共有する、という内容となっています。 ゲームのサウンドはプレーヤーの感情に訴え、よりキャラクターの境遇に共感できるようになっています。サウンドによってこんなにも感情を動かされたことはない、というコメントもあるほど、このゲームにおいてサウンドデザインは大きく成功しています。 […]

Read More →