キューバとアメリカのラジオ戦争について

キューバとアメリカは現在では国交が回復し、両社の関係は以前よりもずっと良好となっています。しかし、歴史を振り返ると、キューバとアメリカには多くの対立があり、その1つとしてラジオがあげられます。 本記事では、キューバとアメリカのラジオ戦争について紹介します。 キューバ、アメリカのラジオの歴史 キューバでラジオ放送がはじめったのは1900年初頭のことです。キューバの国内においてラジオシステムはアメリカの放送局によって確立され、キューバでの初めてのラジオ放送は英語で行われました。キューバでラジオ放送が始まった際には、両社の関係は極めて良好な状態にありました。 第2次世界大戦がはじまるとアメリカはナチス放送に対抗するために、Voice of America(VOA)を設立しラテンアメリカでの放送を強化していきます。しかし、アメリカとキューバの政府間の間で徐々に亀裂が生まれ始め、アメリカによるラジオ放送が問題視されるようになったのです。これにそしてを通じて、アメリカにとって都合のいいで政治的思考が広められるようになったからです。 その後、ラジオ放送はキューバ革命のために使用されるようになり、アメリカによる放送が少しずつ減っていってき、最終的には禁止されるようになったのです。 これにより、アメリカとキューバの間でラジオを巡って論争が起こるようになってのです。 ラジオマルティとラジオタイノの誕生 1981年9月、レーガン政権によってアメリカの新しい放送局、ラジオマルティがVOAによって設立されることが発表されました。 ラジオマルティはキューバで放送されているラジオの誤りを正すことを目的としており、その内容にはキューバ内の文化、歴史、政治など幅広いテーマが含まれていました。これがアメリカとキューバのラジオ戦争の原点でもあります。 そこでアメリカのこのような行動への対策としてキューバが立ち上げたのが、ラジオタイノという放送局です。そして、ラジオタイオノはキューバに民主主義を広げることに成功し、キューバ国内での存在感を強めていきます。また、多くの視聴者を集め、ラジオマルティの存在を圧迫していきます。 その結果、これらの放送局の対抗は、アメリカとキューバのの関係を悪化させていき、ラジオ戦争が本格化していくのです。 キューバとアメリカのラジオの将来 今後どんなに両者が解決を目指そうと、すでにキューバとアメリカのラジオのしがらみは複雑であり、簡単に解決することができないでしょう。 ラジオ放送はキューバの政治や社会的思想に大きな影響を与え、ラジオはアメリカとキューバの戦争の一部でした。国交が回復した今、同じようなラジオ戦争が起こる可能性は極めて低いですが、歴史を振り返った際に、ラジオはアメリカとキューバの関係悪化の一因としてこれからも思い出されるでしょう。

Read More →

東京ローズと親しまれた日系女性DJ

日本でラジオ放送が開始した翌年に、昭和天皇が即位して昭和時代が始まりました。世の中は不況の嵐で、あちこちで事変や事件が起こり、1930年代になると国際情勢が悪化して1939年ドイツ軍のポーランド侵攻で第二次世界大戦が始まりました。日本は日独伊三国同盟(1940年)に参加することにより、枢軸国としての立場を固めます。1941年には太平洋戦争が始まり、アメリカなどの連合国相手に戦うことになります。ここでは、太平洋戦争中に日本軍が実施した連合国向けプロパガンダラジオ放送のDJ、「東京ローズ」についてご紹介します。 戦時中の紅一点 1942年に日本軍は連合国(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)向けにプロパガンダ放送を開始します。捕虜兵の祖国にいる家族に宛てた手紙の朗読や、当時流行中のジャズ音楽を流して、敵国兵士の戦意を下げるのが目的でした。1943年には「ゼロアワー」という番組として、本格的に放送が始まりました。アナウンサーは数人いた模様ですが、特に英語を流ちょうに話す女性DJに人気が集まりました。彼女たちは自分の名前を明かすことはなく、「みなしごのアン」と名乗っていました。その辛辣な内容とは裏腹に、米国兵たちはハスキーな声が特徴の女性DJに「東京ローズ」という愛称を付け始めます。 時代によって翻弄された日系女性アイバ そのうちの一人、アイバ・戸栗・ダキノは戦後唯一自分が東京ローズだったことを認めた日系アメリカ人女性です。アイバは日系2世としてカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれます。カリフォルニア大学院在学中に、日本に住む祖母のお見舞いをするために来日。そこで太平洋戦争が勃発し、アメリカに帰国できなくなり、やむを得ずラジオ・トーキョー(現在のNHKワールド・ラジオ日本)で日本語原稿を英語に翻訳する仕事を手伝います。英語と日本語に堪能な女性として、またアナウンサーをしていた捕虜兵から頼まれたこともあり、アイバが女性DJに抜擢されました。どのような気持ちで原稿を読み上げていたのか、アメリカに帰りたがっていたアイバの本当の心境は、誰にも分かりません。 唯一名乗り出た東京ローズ 戦後直後の1945年8月に、日本の敗戦について記事を書いていた記者に「東京ローズ」として「発見」されます。どのようにアプローチがあったのか、自分から名乗り出たのか、真相は定かではありませんが、アイバをローズとして独占取材が実施されました。その反響は大きく、GHQが映画を撮影するほどでした。当時のアメリカ人の間で、いかに「東京ローズ」が影響力を持っていたかは、映画「パール・ハーバー」や「父親たちの星条旗」でも描写があることからよく分かります。しかしアイバの人生はここから狂いだします。日本軍への協力が「反逆者」として見なされ、GHQによって巣鴨プリズンに10か月間収監され、FBIの取り調べを受けることに。晴れてアメリカに帰国できたのも束の間、国家反逆罪という最も罪の重い内容で起訴されてしまいます。 名誉回復の道のり 裁判の判決はなんと有罪。これには取材していたマスコミも驚いたようです。禁錮10年と罰金1万ドル、アメリカ市民権剥奪などが言い渡され、女性として初めての国家反逆罪となりました。実際は模範囚として6年2か月の服役後に釈放されました。その後、当時の裁判方法が人種差別であったと、1970年代になって判決を見直す動きが起こります。そして1977年、フォード大統領によってアイバのアメリカ市民権が回復されました。晩年は父親が創業した雑貨店で働き、「愛国心の強い女性」としてアメリカでその生涯を閉じます。

Read More →

アマチュア無線の概要

アマチュア無線と聞いてもあまりピンとくる人は少ないのではないでしょうか?アマチュア無線とは電波を使用したコミュニケーションツールの1つで、一部の人の間で使用されています。 本記事では、そんなあまり一般的ではないアマチュア無線の知識を深めるために、基本的な情報を紹介していきます。 アマチュア無線とは? アマチュア無線とは、業務や金銭の獲得を目的とせずに使用する個人専用の無線のことを指します。自宅以外でも好きな場所から更新することができ、知らない相手と会話をすることも可能です。そのため、趣味として用いているマニアックな人が多くいます。 アマチュア無線は電話回線が現在ほど普及する前から使用されており、国を超えてコミュニケーションをとることを可能にしてきました。 また、日本国内はもちろんのこと、海外との通信もすべて無料な点がアマチュア無線の大きな魅力の1つです。 そんなアマチュア無線は1970年代に大ブームを巻き起こし、1980年代には日本は世界最大のアマチュア無線人口を有するまでに需要が伸びました。 アマチュア無線には国家資格が必要 アマチュア無線を使用するには国家資格を取得する必要があります。これは電波という貴重な資源を使用するには、法律で細かなルールが定められているためです。この資格を得るには、「国家試験を受験する方法」と「養成課程講習会を受講する方法」の2つがあります。国家試験は公益財団法人日本無線協会によって実施されています。 電波法には、「アマチュア、すなわち金銭上の利益のためでなく、もっぱら個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務」と定められています。 アマチュア無線の国家資格は一度取得をすると、永久的に有効となります。 日本アマチュア無線連盟 日本にはアマチュア無線の愛好家を集めた非営利団体、日本アマチュア無線連盟が存在します。日本アマチュア無線連盟は内外の無線科学、文化の向上と発展に寄与することを目的としており、1926年から活動しています。 活動内容には、各種講習の実施、コンテスト、アマチュア無線フェスティバルの開催、世界のアマチュア無線団体との連携などが含まれています。 また、アマチュア無線の技術に関する研究もおこなわれており、今後のアマチュア無線の発展にも尽力しています。 災害時におけるアマチュア無線 アマチュア無線は日常生活の中での趣味としてだけではなく、災害時に大変役に立ちます。1995年に阪神淡路大震災が発生した際には、ほとんどのライフラインが遮断された中、アマチュア無線のみが使用できる状況でした。そのため、アマチュア無線は情報伝達や人命救助に大きく貢献したのです。 これにより被災の際のアマチュア無線の重要性が見直されており、現在ではボランティア活動などにもアマチュア無線が用いられています。

Read More →