バックグラウンドノイズと集中力の関係

聴覚は私たちにとって大事な感覚器官の一つですが、その感度や快・不快の基準は人それぞれです。例えば、大音量でヘビメタの音楽を聴くのがストレス発散になる人や、一人静かに座って瞑想することがエネルギー補給になる人など、その人の音との関係や音がその人に与える影響は様々です。ここでは、よくあるバックグラウンドノイズと集中力の関係についてご紹介します。 人によって違う聴覚耐性 有名な渋谷スクランブル交差点を思い浮かべてください。あなたの身体はどう反応しますか?どんな音が聞こえてきますか?私が真っ先に思い浮かべるのは、ビルやお店からの宣伝音・信号機の音です。車の騒音や、色んな音がミックスされた都会の音も。ある人は笑い声が聞こえてくるかもしれませんね。または、音ではなくて映像だけが浮かぶ人もいるかと思います。それがあなたの聴覚耐性です。色んな聴覚情報が思い浮かぶほど、聴覚が敏感だと言えるでしょう。ほとんど思い浮かばない人は、聴覚よりも他の器官が優位な場合があります。 日常の様々な選択に影響を与えているバックグラウンドノイズ たくさん聴覚情報が思い浮かんだ人は、空間において聴覚が占める割合が高めの傾向があると言えます。例えば、友達とランチをします。場所を決める際に、ランチ内容(味覚)以外にもお店の雰囲気、特に店内の騒音具合について考慮するでしょう。友達との会話に集中したいため、外部からのノイズを最小限にしようとするからです。騒がしい賑やかな場所で楽しみたいという人は、ノイズによって気分が高揚するタイプだと言えますね。 自分の聴覚体質を知って最適化! 中間のパターンもあります。図書館や静かなオフィスだと作業に集中できない「沈黙で緊張してしまう」人たちもいます。ほどよいバックグラウンドノイズがあるカフェやオープンオフィスの方が、作業がはかどるとしたら、あなたはこのタイプかもしれません。家にいる時も、誰か他の人がいた方が生活の音がありリラックスできたり、外で子どもたちが遊ぶ声に癒されたり・・。自分と直接かかわりないノイズであれば、逆に自分のことに集中できるからかもしれません。自分のタイプを見極めて、その都度ベストな環境に自分を置いて作業の効率化、集中またはリラックスできるのが理想ですね。 効果的に使用されているバックグラウンド音楽 集中といえば、スポーツ選手が試合前にヘッドフォンで音楽を聴いて集中力を極限まで高めている映像が印象的です。プロ選手でなくても、通勤途中や本番前に気合を入れるために特別な音楽を聞いたり、語学試験前にその言語の音声を聞き流して耳を慣らしたり、音によって気分を変えることはみなさんも経験があると思います。購買意欲を上げるために、スーパーではアップテンポの音楽が店内放送で使用されていますよね。特にそのスーパー専用のテーマ曲がある場合、その曲を聞くだけで自動的に買い物モードになったりします。これは信号機や電車の到着音などにも適用されており、いかに音によって特定の行動が活性化されているかが分かります。

Read More →

ラジオ生放送 vs ポッドキャスト

ポッドキャストが普及し始めたのは2005年、アメリカのIT起業家であるアダム・カリーがiPodderソフトウェア開発を通してブログに音声ファイルを投稿したのがきっかけです。その後、アップル社のミュージックプレイヤー「iTune」がポッドキャストサービスを始め、爆発的に人気となりました。ラジオとポッドキャストはともに音声を届けますが、ポッドキャストはデータとしてRSS経由でWWW(ウェブ)上に公開しています。ここでは、ラジオ生放送とポッドキャストの魅力を比較してみたいと思います。 ライブ感覚のラジオ 多くの人がそうであるように、私がラジオ生放送を視聴する一番の楽しみは、そのライブ感覚です。DJがまるであなたに話しかけているように、そしてリスナーとのやり取りがある場合はその一体感も楽しめます。音声だけというのも、ポイントです。テレビやインターネットと違い、音声だけの情報は、私たちの想像力をかきたてます。その日の天候や出来事に関連して番組テーマが決められたり、時事問題が取り上げられたりと、いまこの時にトピックが集中していることが多いので、時代の流れに沿って匿名での一体感を味わえます。何も発言したくない場合は発言しなくていいのも、ラジオの魅力ですよね。 レクチャー感覚のポッドキャスト 一方、ポッドキャストは自分のお気に入りの番組を好きな時に好きなだけダウンロードして視聴することができます。日本の番組だけでなく、海外の番組も気兼ねなく利用できるのがインターネットを介したサービスの大きな特権ですよね。番組の種類も幅広く、ニュースからお笑い番組、教養、スポーツ、映画や音楽情報、討論などが楽しめます。ラジオ局がポッドキャスト配信している場合は、聞き逃してしまった番組を遡って聞くことができます。多くの場合、無料で利用できます。ご自分のデバイス(携帯やMP3)にダウンロードできるので、場所に関係なく、電波が届かない所でも視聴することができます。私のお気に入りは、フライト移動中にポッドキャストを聞くことです。 ニーズに合わせて楽しく視聴 ラジオ生放送で困ることは、何かしらの影響によって電波が入らないこと、生放送のため時間が押している場合は途中で切り上げなければならないこと、宣伝が入ることです。番組だけに集中したい人にとって、特に毎時のニュースや交通情報、度々入るコマーシャルは耳障りです。その点、ポッドキャストは何にも邪魔されることなく、番組内容だけに集中できます。音楽や余興はいらないから、とにかく中身を知りたい!派の人はポッドキャストがお勧めです。ライブ感のある番組として楽しみたい人は、ぜひラジオ生放送を視聴しましょう。自分に合った視聴方法で、ストレスフリーなラジオ&ポッドキャストライフを送りましょう。

Read More →

スポーツ好きにおすすめのインターネットラジオ

場所を選ばずに何をしながらで聴くことができるラジオは、スポーツ好きには欠かせない存在です。スポーツニュースを聞くだけではなく、中継も逃さずキャッチすることができるラジオはもはや必需品とも言っていいでしょう。 そこで本記事では、スポーツ好きにおすすめのインターネットラジオを紹介します。 すぽきゃす すぽきゃすとは、テニスやゴルフなどのスポーツの情報を、GODAIのスタッフがお送りするインターネットラジオ。毎週金曜日に、ポッドキャスト形式で配信していて、スマートフォンやパソコンなどから自由に聞くことができます。 スポーツ情報だけではなく、コーチの考え方や日ごろのレッスンに対する熱い思いが多数語られており、育成者としての立場からスポーツを楽しむことができます。 このラジオを聞けば、自分のコーチに対する考えも変わるかもしれません。 Hot Ticket700 Hot Ticket700はアメリカのスポーツを英語で楽しみたい、という人におすすめのインターネットラジオです。Hot Ticket700ではアメリカのインターネットラジオで、野球やバスケットボール、アメリカンフットボール、サッカーなどのニュースを放送しており、アメリカでの試合結果を即座にキャッチすることができます。 また、放送局のサイトでは、スポーツニュースをビデオで見ることも可能です。スポーツニュースを聞きつつ、スポーツに関する英語も学びたい、という人に大変おすすめのインターネットラジオです。 My Olympic My Olympictoは、JFN加盟38局制作のオリンピック情報番組です。かつでオリンピックで活躍した有名選手から、将来有望なオリンピックの代表選手の卵までを毎日紹介しています。 オリンピックに出場した選手だからこそ聞ける秘話、知られざる苦労話など、スポーツ選手の裏側の様子を知ることができます。また、パーソナリティは、かつてのオリンピック金メダリストである荒川静香さんと高橋尚子さんが月ごとに交代で務めており、オリンピック出場経験者ならではのコメントが聞ける点もポイントです。 日本は2020年に東京オリンピックを迎えます。その時のための予備知識を蓄えるためにも、ぜひMy Olympicを聞いて選手に関する知識を広げておきましょう。 F.L.A.G. F.L.A.G.は、FMヨコハマがお送りするスポーツエンターテインメントプログラムです。フラグを振って応援したくなるようなチーム、選手、競技などを、プロ、アマチュア問わずに紹介しています。 […]

Read More →

2つの感覚が同時発生する共感覚

共感覚(synesthesia)という用語をご存知ですか?例えば、数字を思い浮かべた時に無意識に色も一緒に連想される感覚のことです。日本語では、特に若い女性たちの声援や楽しそうに話す声を「黄色い声」と呼んだり、英語では優しい人を「スウィートパーソン」と比喩します。これは共感覚を持っている人だけでなく、たいてい多くの人が共感できる表現方法です。では、共感覚とはこれら比喩表現とどう違うのか、具体的にどんな特徴があるのかをここでは説明したいと思います。 共感覚の特徴 私たちがレモンを想像するときに、舌に酸っぱい感覚が生じることがあります。これは実際にレモンを食べなくても、過去の体験から連想するだけで味覚が触発されるからです。共感覚はこのような実際の過去の経験に基づいて感覚が刺激されるわけではありません。誘発される感覚は心の中のイメージとして(ここでいうレモンを想像すること)ではなく、個人空間で感じられます。それは意図的な発生ではなく、すでに結合された感覚として生じます。共感覚のある人が数字の4を見たときに、同時に緑色が見える、といった具合です。そしてそれは個人空間で発生するので、ある人にとっては緑色でも、ある人にとっては赤色に見えるのです。この結合基準はその人の生涯に渡って変更することはない、と言われています。 共感覚の種類 一番多いのが、文字(数字、アルファベット、かな文字など)に色が見える共感覚です。日本でも海外でもこのパターンが大多数を占め、特に興味深いのは、日本人の共感覚者はすべての漢字に色を見ることは稀で、たいてい数字・アルファベット・かな文字に限定されている点です。共感覚が先天的・遺伝的要因と環境的・文化的要因のいくつかの要素が重なり合っていることを証明しています。音に色が見える共感覚を「色聴」と呼び、日本にも専門に研究する人がいます。また、サイコロの目など数に色を見る共感覚もあります。その他、欧米に多いのが時間単位に色が見える共感覚、そして人の雰囲気などに色を見る共感覚もあります。なかなかエキゾチックですよね。 共感覚の強みと弱み 共感覚は感情ともリンクしていると考えられていますが、精神障害ではありません。発覚時期にバラつきがあるのは、社会生活を送る上で共感覚がそれほど支障にならないことを証明しています。色視感覚を活かして、電話番号を色で記憶したり、人の名前や地名を色で分類して覚えたりと、何かを記憶する際にこの能力は非常に役立ちます。また、文芸分野でも才能を発揮することができます。音に色を見る作曲家は同じ色を違う音階で組み合わせて美しいハーモニーを生み出し、作家は独特な色彩感覚で物事を色で表現するスタイルを確立して今までにない新しい小説を書くことができます。弱みとしては、絵画をする際に実物とは違う色で表現したり、作曲や文章作成が奇抜すぎて「異端」と見られてしまうことがあります。

Read More →

ラジオがスポーツ界に与えた影響と今後の展望

これまでスポーツとメディアは大きく関わってきました。その中でも、早くから発展してきたラジオはスポーツ業界に大きな変化を与えたとされています。 具体的にはラジオは以下のようにしてスポーツの発展を支えてきました。 スポーツ産業の発展 日本国内でスポーツのラジオでの放送が開催され始めたのは1900年代はじめのことです。当時、同様にテレビ放送も開始されました このラジオ放送が開催されるまでは、スポーツはスタジアムに見に行くのが主流で、限られた人しか楽しむことができない娯楽でした。しかし、ラジオ放送により、多くの人がスポーツを楽しむことができるようなったのです。 また、ラジオはテレビよりも低予算で中継をすることができます。そのため、テレビでは中継されないようなマイナーなスポーツでもラジオで中継されるようになり、いろいろなスポーツが知名度を上げるようになりました。このようにして、スポーツが多くに人に届けられれるようになることで、多くの人がスポーツに関心を持ち始め、市場の成長へとつながっていったのです そして最終的に、オンラインベットとWilliam Hill プロモコードの台頭。 スポーツ選手の成長 ラジオなどのメディアによってスポーツが取り上げられるようになると、広告収入などが増えることにより、スポーツチームが豊かになっていきます。そうするとスポーツ選手の育成にお金をかけることができるようになるとともに、所属選手の給料も上昇していきます。 これにより、スポーツ選手を目指す若者が増え、選手全体のレベルが上がっていくのです。これにより、スポーツが盛り上がりを見せ、ますます人気を集めていきます。 このように、ラジオなどのメディアに取り上げられることによって、スポーツ業界での好循環が続いていったのです。 また、スポーツ選手が知名度を上げていくことで、スター選手が誕生していきます。そういった選手はメディアで多く取り上げられ、グッズなども生産されました。そして、スポーツ選手自体がまるでマスコットキャラクターかのように、大衆のあこがれの的となっていきました。 もちろんこれを誇りに思う選手も多くいましたが、プライバシーが侵されることもあり、メディアでの過度な露出を嫌がる選手も多く損ぞしたことも事実です。 世界への進出 ラジオでは、日本国内のスポーツだけではなく、徐々に海外スポーツも取り上げられるようになってきます。これにより人々の関心はより広がっていき、アメリカのメジャーリーグやヨーロッパのサッカーなど、世界のスポーツに目が向けられるようになりました。 そして、日本の選手も海外に進出するようになり、海外選手が日本に来るようにもなります。このようにメディアは、スポーツにおける国際交流にも一役買っており、スポーツが国際的な娯楽として定着します。 また、オリンピックなどの国際イベントもラジオで中継され、多く人がスポーツを楽しむようになりました。 ラジオとスポーツ業界の未来 近年では高画質テレビの誕生やスマートフォンの需要の高まりから、ラジオでスポーツを楽しむ人は減ってきてしまっています。そのため、将来においても、ラジオがスポーツ業界に大きな影響を及ぼす可能性は低いと考えらます。 […]

Read More →

ラジオ放送の興味深い事実

私がラジオに ハマ (多くの人がPinnacleのボーナスに ハマになっているように) ったきっかけは、最新の音楽情報や映画情報、洋楽の世界と繋がるためでしたが、もう一つ面白い事実があります。それは、「投稿したメッセージが番組中に読まれること」です!最近では多くのラジオ番組がリスナーインタラクティブになり、ライブ放送ならリアルタイムでのメッセージ募集、録音放送なら収録時までに投稿されたメッセージを番組内で紹介しています。ここでは、私が培ってきたラジオ番組で自分のメッセージが読み上げられるコツを紹介します。 タイミングが重要 お気に入りまたはよく聞く番組のDJがお題を出したとします。あなたは考えます。そして回答をメッセージしようとします。ちょっと待ってください!お題発表後すぐに取りかかるのは、他のリスナーと内容がかぶってしまう可能性があり、あまりお勧めできません。超速で一番に返信できるのであれば話は別ですが、まずは10分ほど時間をかけて吟味しましょう。番組で求められているのは、「楽しいやり取り」です。これには対DJと対リスナー全員の両方が当てはまります。最初に読まれたメッセージにヒントを受けて、それに反応する形でメッセージを送ると、採用される確率が上がります!自分のことだけでなく、どうしたら番組全体が面白くなるのか考えながらメッセージを送りましょう。 電話で話す方法 メッセージの他に番組から電話がかかってきて、直接電話で会話できるリスナーを募集していることもあります。応募する際は、基本的なことですが自分の情報を分かりやすく記載することが大切です。特に、受信する電話番号と年齢、性別を忘れずに。実際に電話がかかってくる場合は、番組の前にスタッフから確認がありますので、番組時間前でも電話を受信できるようにしておきましょう。本番では、とにかく発言しましょう!ラジオで一番注意しなければならない「放送事故」は、放送禁止用語の使用と沈黙です。頭が真っ白になって言葉が出て来なくても、ただDJの言葉を繰り返すでもいいので、何か発言しましょう! ラジオ放送作家という仕事 私たちの投稿したメッセージを選択するのは番組スタッフの仕事ですが、そもそも番組自体は放送作家が作成した台本をもとに構成されています。放送作家という職業自体にあまり馴染みがありませんが、ラジオの放送作家になるほとんどの人が、私たちのようにラジオのリスナーで、よくラジオにメッセージ(またはハガキ)を投稿していた人たちだというのです!彼らは「ハガキ職人」と呼ばれ、ラジオ番組内のネタコーナーで採用されている常連です。その経験から、ラジオ放送作家の道を歩む人もいるのだというのだから、人生は面白いですよね。あなたのメッセージがラジオ番組でよく採用されていたら、放送作家になることも不可能ではないという未来からの暗示かもしれませんね!

Read More →

耳で視覚を楽しむ~ビジュアルにおけるサウンドデザインの重要性~

視覚は近くにおいて最も脳に影響力があるもので、視覚のみに重点を置いた芸術作品は多くあります。しかし、ビジュアルアートに音が加わるだけで、その魅力は格段に引き上げられ、より人間の脳にインパクトを与えるようになります。 具体的には、ビジュアルアートにおいてサウンドデザインは以下のような働きをしています。 視覚に現実味を加える 映画やゲームなどにおいて、サウンドデザインは映像に現実味を加え、より私たちをビジュアルアートに世界に引き込むことができます。 森のシーンであれば葉が揺れる音や風が通り抜ける音、ゲームであれば主人公が転落した時の音や攻撃をした時の音など、シーンにあった音声を加えることで、よりその映像がリアルなものとして私たちの知覚に伝えられます。 そのため、より私たちは場面をイメージしやすくなり、よりアートの世界にのめりこむことができるのです。一瞬の小さな音であっても映像に臨場感を与えることができるため、映画やゲームにおいてサウンドは非常に重要な役割を果たしています。同時に、場面に適さないサウンドは、映像を台無しにしてしまうこともあります。 ムードを加える サウンドデザインは、ビジュアルアートにムードを加えることができます。 例えば、映画を見ているときに曲が挿入されていることがほとんどです。ロマンチックな恋愛映画であればスローテンポの曲、ホラー映画であれば最初はゆっくりで徐々にテンポが速くなる曲などをBGMを採用します。 このようにすることで、見ている人はより感傷的になったり、ハラハラしたりなど、映画のそれぞれのシーンに合わせてムードを作ることができるのです。また、サウンドデザインによってムードを作ることで、より映画の中の人物に感情移入ができるようになります。 美術館においても、よりその作品が描かれた時代背景などを再現するために、BGMが用いられているところもあります。 ストーリーを理解させる 映画において、サウンドは映画のストーリーを解釈するのに役立ちます。効果音によって視聴者は何が起こったのかを理解することができます。時には効果音で視聴者の想像力を膨らませ、ストーリーを自由に解釈することすら可能にしています。音がないと、ストーリーがどこか味気ないものになってしまったり、展開がスムーズにいかないことがあります。 実際に映画が製作されると時は特定の効果音を用いることによって、ストーリー性を持たせるように細かく計算されているのです。 記憶に残る 私たちの記憶は様々な知覚によって定着させられます。例えば、具体的な視覚のイメージが浮かばないものの、あるサウンドを聞いたときに懐かしい気持ちになったり、特定のシーンが頭にさえぎることがあります。これは私たちが音によって、特定のシーンを記憶しているためです。私たちが音楽を聴いた際、脳内では聴覚が刺激されるだけではなく、記憶を司る部位である「海馬」にも多くの刺激が与えられるためです。このようにサウンドは、人間の記憶を大きく助けているのです。 そのため、絵画や映画、ゲームなどいかなるビジュアルアートにおいても、それらにサウンドを加えることによって、より私たちの記憶に焼き付けることができます。 そのため、テレビのコマーシャルにおいても単に映像を流すだけではなく、BGMや効果音を用いることによって私たちの記憶に定着させ、プロモーションを行っているのです。 さらに、サウンドは感情すら記憶させることができます。そのため、映画や美術品を見た際に感じた感情をいつまでも残すことを可能にさせ、作品に触れたときに印象を強く維持することができるのです。

Read More →

キューバとアメリカのラジオ戦争について

キューバとアメリカは現在では国交が回復し、両社の関係は以前よりもずっと良好となっています。しかし、歴史を振り返ると、キューバとアメリカには多くの対立があり、その1つとしてラジオがあげられます。 本記事では、キューバとアメリカのラジオ戦争について紹介します。 キューバ、アメリカのラジオの歴史 キューバでラジオ放送がはじめったのは1900年初頭のことです。キューバの国内においてラジオシステムはアメリカの放送局によって確立され、キューバでの初めてのラジオ放送は英語で行われました。キューバでラジオ放送が始まった際には、両社の関係は極めて良好な状態にありました。 第2次世界大戦がはじまるとアメリカはナチス放送に対抗するために、Voice of America(VOA)を設立しラテンアメリカでの放送を強化していきます。しかし、アメリカとキューバの政府間の間で徐々に亀裂が生まれ始め、アメリカによるラジオ放送が問題視されるようになったのです。これにそしてを通じて、アメリカにとって都合のいいで政治的思考が広められるようになったからです。 その後、ラジオ放送はキューバ革命のために使用されるようになり、アメリカによる放送が少しずつ減っていってき、最終的には禁止されるようになったのです。 これにより、アメリカとキューバの間でラジオを巡って論争が起こるようになってのです。 ラジオマルティとラジオタイノの誕生 1981年9月、レーガン政権によってアメリカの新しい放送局、ラジオマルティがVOAによって設立されることが発表されました。 ラジオマルティはキューバで放送されているラジオの誤りを正すことを目的としており、その内容にはキューバ内の文化、歴史、政治など幅広いテーマが含まれていました。これがアメリカとキューバのラジオ戦争の原点でもあります。 そこでアメリカのこのような行動への対策としてキューバが立ち上げたのが、ラジオタイノという放送局です。そして、ラジオタイオノはキューバに民主主義を広げることに成功し、キューバ国内での存在感を強めていきます。また、多くの視聴者を集め、ラジオマルティの存在を圧迫していきます。 その結果、これらの放送局の対抗は、アメリカとキューバのの関係を悪化させていき、ラジオ戦争が本格化していくのです。 キューバとアメリカのラジオの将来 今後どんなに両者が解決を目指そうと、すでにキューバとアメリカのラジオのしがらみは複雑であり、簡単に解決することができないでしょう。 ラジオ放送はキューバの政治や社会的思想に大きな影響を与え、ラジオはアメリカとキューバの戦争の一部でした。国交が回復した今、同じようなラジオ戦争が起こる可能性は極めて低いですが、歴史を振り返った際に、ラジオはアメリカとキューバの関係悪化の一因としてこれからも思い出されるでしょう。

Read More →

日本のラジオ放送の発展

最初にラジオ放送を聞いたのはいつか覚えていますか?私がまだ子供の頃、母親がキッチンで料理をしながら聞いていたのがFMラジオ放送でした。その後しばらく経ち、思春期を迎える頃にラジオ局が放送する「今週のヒット曲トップ30」を積極的に聞くようになりました。それからラジオ放送は私にとって貴重な音楽情報源となり、今に至ります。ミレニアムになってからは、スマートフォンでのポッドキャストや音楽配信サービスが人気となり、ラジオを聞く人は減ったと思われがちですが、あの独特な世界観に惹かれる人は多く、ラジオ局もオンラインアプリを作成するなど時代に合わせて変化しています – ベット365カジノと同じ 。ここでは、激動の時代を生き抜いた日本のラジオ放送の歴史と発展を振り返ります。 普遍的なラジオ技術 ラジオがこの世に誕生したのは、1900年にカナダ人電気技術者のレジナルド・フェッセンデンが初めて音声電波を遠隔地で受信した時でした。この技術こそが、のちのラジオ放送へと繋がります。実験と改良を重ね、1920年には世界で初めての「公式公共ラジオ放送」がアメリカ・ペンシルベニア州で成功します。続く1925年3月に、日本で初めての公共ラジオ放送が社団法人東京放送局(現在のNHKラジオ第一)によって開始され、翌年には社団法人となり実質上の政府機関となります。ラジオは大きく分けて2種類あり、「AMラジオ」と「FMラジオ」があります。振幅変調による中波放送がAM、周波数変調による超短波放送がFMと呼ばれています。90年もの間、基本的な技術は変わらず愛用されています。 時代の象徴であったラジオ放送 太平洋戦争中は敵国である連合国軍へのプロパガンダ放送をしていた日本ですが、1945年8月15日に終戦ノ詔勅(玉音放送)によって終戦を迎えます。ラジオ放送が時代の一部であった印象的な出来事ですよね。戦後の復興とともに、プロ野球中継や大学野球の実況中継もラジオで放送されるようになり、ラジオ局が民営化されていきます。民営化に伴い、1951年に開局した中部日本放送の資金調達方法の一つとして、初めてラジオCMが採用されました。「精工舎(現在のセイコー)の時計が、ただ今、7時をお知らせしました」というアナウンスが正確に記録されています。 エンターテインメントからサバイバルツールへ 乗用車が普及するようになった1960年代からは、カーラジオも人気になりました。ラジオ番組のターゲット層が家族から個人へと変わり、深夜放送が盛んになったのもこの時代です。各地方にFM局が開局され、職業としてDJが注目を浴び始めます。ヒット音楽やラジオドラマに加えて、ニュース番組としてのラジオ放送が見直されたのが1995年の阪神淡路大震災です。各局が震災情報に力を入れ、2011年の東日本大震災では、ツイッターやフェイスブックといったインターネットSNSと同様にラジオ放送での情報収集が重宝されました。

Read More →

今人気の日本のラジオ番組

近年ラジオを聴く人が減ってきているとよく言われていますが、人気のラジオ番組には多数のリスナーがいます。お笑い芸人によるトークから音楽チャートまで人気のラジオ番組は多く存在します。 そこで本記事では、日本で今特に人気のラジオ番組を紹介します。 安住紳一郎の日曜天国 大人気TBSアナウンサーの安住紳一郎さんのラジオ番組です。テレビでは誠実でまじめな印象な安住さんですが、ラジオではテレビとは違った少しブラックな一面を見ることができ人気を集めています。 リスナーのメッセージに対する安住さんの毒舌っぷりが面白く、多くのリスナーを集めています。 安住さんのトーク力の高さが光る人気ラジオと言っていいでしょう。 JUNK おぎやはぎのメガネびいき おぎやはぎの爆笑トークが炸裂するラジオ番組。独特なキャラクターとリスナーにも容赦なく噛みつくトークが人気を集めており、定番のラジオ番組として高い知名度を誇っています。 放送時間帯が深夜なので、寝る前の娯楽として聞いているリスナーが多くいます。 ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン 以前まではナインティナインの2人で行われてい当番組ですが、矢部さんの結婚を期に岡村さん一人でパーソナリティを続けています。ゲストに多くの芸人が登場し、テレビでは公開されていない裏話などを聞くことができます。 お笑い好きであれば、確実に楽しむことができるラジオ番組の1つです。 SAISON CARD TOKIO HOT 100 SAISON CARD TOKIO […]

Read More →